情報教育による人材育成
情報活用に欠かせない情報の読解力を身に付ける人材育成の一環。
情報の特性、情報(ことば)と意識との関係性から情報を分析、客観的読解力を高め、情報を発信できる人材を育成。

特定の視点、たとえばジェンダーの視点による情報活用能力を高める。
方法としては、多数を対象とし意識啓発を目的とする講演形式、少人数を対象とし能力形成を目的とするメディア分析やコミュニケーションの実践を取り入れた演習やワークショップ形式などが効果的。

プログラム企画・開発
リーダー研修や人材育成などニーズ・目的に応じ、より効果的なプログラムを提案。
1回だけの短時間コース、周期的に2〜3回実施する短期間コース、ある程度長期間に わたって実施するコースまで柔軟に対応。